プラント施工管理の仕事について理解を深めよう


プラント施工管理の仕事のメリット

プラント施工管理者の勤務先は大手ゼネコンやプラントメーカーなので、安定した収入が見込めます。また、専門性の高い技術職であり、年齢を重ねても需要がほとんどなくなることはありません。

プラント施工管理の仕事のデメリット

プラントの現場は全国に存在しているため、転勤を覚悟する必要があるでしょう。工事のスケジュールが遅れたり何らかのトラブルが発生したりすれば、夜勤が発生したり休日返上で働いたりすることも珍しくありません。

あと、施工管理者の資格を取得するのに実務経験が5年以上必要で、費用もそれなりにかかります。

プラント施工管理の仕事の内容

プラントの施工管理者は、ゼネコンをはじめとしてサブコンやプラント建設を受注する企業の各現場に配属され、施工の計画を立て工程や安全面の管理をします。それぞれの現場でプラント建設に必要な資材や人材を調達して、施工の各工程で進行状況を把握したり品質をチェックしたりします。万一、トラブルや不具合が生じた時は、管理者として適切に対処しなくてはいけません。

この仕事の求人の探し方

ハローワークや求人情報誌など、官民の就職情報サイトや求人媒体で仕事情報が得られます。この仕事は技術職なので、プラント施工管理技士を扱う専門の転職支援サービスに登録するのも良いでしょう。

プラントの施工管理者の仕事環境について

プラントの施工管理者の職場は、大規模な企業が多くなっています。そのため、給与や福利厚生などの施工管理者の待遇は比較的良いと言えます。求人は全国に豊富にあるので、施工管理技士の資格を持っていれば安定した仕事につくことができるでしょう。

プラントの施工管理業務は、設備や予算の管理から製品の品質検査まで多岐に渡っています。経験を積むことで、他の業界での管理業務へキャリアを広げることが出来ます。